• honkeaipanman

ボヤキ三昧

愚痴があまり得意ではない私ですが… 😌

今日はボヤキ三昧になることをお許し下さい🙇🏻‍♀️💦💦💦

一緒に笑って頂けると幸いです。




先日、ホームで電車🚃🚃🚃を待っていた時のこと。

ピンポンパンポーン📢みたいな音が鳴った後、駅員さんの「おはようございます。本日も〇〇にご乗車頂き誠にありがとうございます。」というアナウンス。

明るいとは言えない声で、深刻ささえ感じる口調。それにいつもは録音されているナレーターさんのアナウンスが流れているので、リアルタイムで駅員さんがマイクで話されること自体、非日常感が漂うもので…。

とっさに人身事故でも発生したのか、電車が遅れているのか、地震?何かあったん?という気分になりました😨

仕事に向かう途中ということもありますが。ひやっとし🥶、瞬時に、どうする…違う線に乗り換える?タクシー?と頭がグルグル回るのは職業病です‼️


さて、気になるアナウンスの続きですが…。

引き続き深刻な声で「皆さん、今日は何の日かご存じでしょうか。事始めの日です。それではこの後も〇〇をご利用下さい。〇〇からのお知らせでした。」と。


知るかっ😡💢

アホらしすぎて、誰かに言いたくてたまりませんでした😆😆😆😆😆

聞いてくれてありがとう🙏🙏🙏🙏🙏


私がなぜ違和感を感じたのか分析してみました🤔


①アナウンスの声が暗く話し方が事務的なので緊急事態なのかと不安になる。

 顔が見えなくて声だけ聞こえる場合、電話などもそうですが☎️。

 顔出しの時より自ら意識して笑顔で😁明るく💡優しく話さないと聞き手は不安

 な気持ちになるものなのです🥺💦💦

 このようなほっこりネタを話そうというのなら尚更です。


②何のためのアナウンスなのか、そもそも必要な情報なのか伝わってこない。

 それ、いる?っちゅうことです。

 アットホームなホームにするために言ったのか、マイクテストのために言ったの

 か、何かしら言いたかったのか、他に何か目的があったのか🙄⁉️

 謎すぎて興味すら生まれる😆

 いらんことをすると、本当に必要なアナウンスの効力が薄れる気がします。


③話にオチがない💢💢

これ、関西人じゃなくても思うと思う。

「今日は事始めの日です。」「でっ?」

心の中で、全力でツッコミました😆

せめてその後もう一文欲しい。

「皆さんにとって新しいこと、人との出会いがあるよき一日になりますように。それでは今日も元気で行ってらっしゃい🙋🏻‍♀️。〇〇でした!」みたいな。

イヤ、いらんけど😒。おはよう朝日です🌞ちゃうねんから😑

でも「事始めの日です。」だけよりはマシやと思うわ😒


大きくはこの三点ではないかと思うのであります🙂


だいたい、アナウンスしている人が「なんでこんなこと言わなあかんねん🥴」と思いながら言っているだろうということがひしひしと伝わってくる。

「なんでこんなこと言わなあかんねん🥴」と思いながら喋っているアナウンス、聞き手はその何倍も「なんでこんこと聞かなあかんねん🥴🥴🥴」と思って聞いているはず。

私もマイクを持つ仕事をする中で、拡声器(マイク)を使って話すことの意味、何かされているその手を止めて耳を貸してもらうことへの感謝の気持ち、一瞬で多くの人に伝えられるという立場の責任などを忘れないようにしていて、そのことにはかなり敏感になっているから今回のことには過剰に反応しているのかもしれませんが😌

自己分析…😏


が、私にとっては、自分の求められる役割は何なのか、相手は何を求めているのかをよく考えなくては…と、改めて考えさせられる出来事でした😁


ボヤキブログ、失礼しました🙏🙏🙏🙏🙏

次回は楽しいお話でお付き合い頂けるよう心がけます😉💓

ではまた。



 



89回の閲覧
GEORGE LOG.jpg
  • Facebook
  • Instagram