• honkeaipanman

司会台本、進行台本作成のご依頼は、お任せください。

このところ、司会台本、進行台本作成✍️のご依頼が増えています。

企業、団体などの式典やパーティー、コンサート、他イベントなどの…。

ハイ。私が作ります😊



プロの司会者ではなく、その組織の中のどなたかが司会をされる場合など…外注頂くケースが多いです‼️


又、プロの司会者を手配されていても、各セクションのスタッフ全員が共有しておくべき事項をまとめた資料、いわゆる進行表を作る人がいない場合などもご注文頂きます。


ご要望があれば、その場の細かな動きを想定し配慮すべきことなども記載したり、台本を見ながらご説明する場合もあります。

完成してお渡しすると📖想像以上に喜んで頂くことが多く、こちらも嬉しくなります😄


このような資料があるとき〜☺️、ないとき〜😫では、そのイベントの完成度が全く違います‼️‼️‼️ないとき〜😫は、はっきり言ってウダウダになります。


私が司会を務めるときは死んでもウダウダになるのが嫌😖💦なので、自分で資料を作成し、舞台さんをはじめとした関係者全員にお配りしたことも何度かありました☺️

何度も言いますが、全てはウダウダになるのが死んでも嫌😖💦だからです(笑)


そんな経験を活かして、自分が司会者として現場に立たない時も台本作成のお仕事を承るようになりました。


プロの司会者ではない方(社内の方やご友人など)が進行役を務められる場合は、下記のようなちょっとしたアドバイスも喜ばれます。


・来賓、ゲストをご紹介する際、前の方が着席されてから次の方をご紹介する。

・「ご欠席」という表現を「本日ご出席が叶いませんでした。」などの言い回しに

 変える。

・当日の状況にあわせてつなぎコメントを入れられるよう考えておく。

などなどなどなど…🙂


どんなお仕事でも一緒だと思いますが、長年携わってきたからこそ、又、今も現場に立ち続けているからこそわかること、想定できることがたくさんあります。

求められるならばそれらを惜しみなくお伝えしたいと思います❤️

つい先日台本作成のご依頼を頂き、いよいよ明日本番を迎えられるという会計事務所ご勤務の方がいらっしゃいます。

所属される団体が主催する会で進行役を務めることになられたという経緯です。

一度お会いして打ち合わせを…と思っていたのですが、確定申告のシーズンでお時間がとれないと…。それならばメールのやりとりで完成させましょうということになりました。

台本が完成してから何度かメールでご質問を受け、こちらから回答…ということを数回繰り返し、自信を持って本番を迎えられるようになって頂きました🙌

後は、私は陰ながらエールを送るのみです🤗✨✨


何でもお役に立てることならば、臨機応変に対応させて頂くのが自分流です。

お困りのことがあれば何なりとご相談下さいませ。


今日もお付き合い頂きありがとうございました🙇🏻‍♀️

ではまた。




28回の閲覧
GEORGE LOG.jpg
  • Facebook
  • Instagram