その一言の中にユーモアと愛情が込められている

年に数回しかお目にかかることができないのですが、長く敬愛する人生の大先輩がいます。

私のような者にでもいつもにこやかにお声をかけて下さり、その一言の中にユーモアと愛情が込められている…優しさ溢れる方です。



お会いできる機会があることがわかると、それが数ヶ月先であってもずっとその日がくることをワクワク心待ちにしています😊


スタッフの方々や、その場にいらっしゃる方にお声をかけて差し上げることは心がけておられるのかと伺いました。

すると、心がけてなんかはいないと…。

黙ってられへんだけや…😆と、その言葉にも、その方ならではのあたたかさがありました。

ムスっと、ツーンとして過ごすか、楽しく過ごすかや…と付け加えられました。

さりげない一言ではありますが、受け取り方次第で学びのヒントが溢れている、正に金言。思い切って質問してよかったと思いました。


また会いたいと思う人

会える日を指折り数えてしまう人

何か一つでも吸収させてもらいたいと思う人

お会いした後、ずっと幸せの余韻に浸れる人

そういう方との出会いは人生の最も大きな財産です。


再びお会いできない関係性であっても、頻繁にお話できない方であっても、「あの方ならこういう時何と仰るだろう。」「どんな態度と表情を見せられるだろう。」と思いを巡らせることができたら、半歩でも近づく成長のチャンスなのではと考えます。


心のメンターが存在することがとっても幸運。

敬愛してやまないその方から頂いたプラスのオーラを纏って踏み出す今日の一歩は、昨日までとはまた違った何かを感じます。


今日もお付き合い頂きありがとうございました。

ではまた。



ではまた。

24回の閲覧
GEORGE LOG.jpg
  • Facebook
  • Instagram